LibreOffice 4.3 のインストール (Mac | OS X 10.9)

LibreOffice の最新版であるバージョン 4.3 が 7/30 にリリースされました。

公式のリリースノートを見ると前バージョンからさほど変わっていないように思えますが、公式 Wiki を見ると細々変わっているようです。

1. ダウンロード

LibreOfficeダウンロードサイト から最新のインストーラと言語パックをダウンロードします。
本日時点の最新版は 4.3.0でした。

Mac OS X 用の「メインインストーラー」と「日本語訳インターフェース」を選択し、LibreOffice_4.3.0_MacOS_x86-64.dmg (191.8 MB) と LibreOffice_4.3.0_MacOS_x86_langpack_ja.dmg (12.5 MB) を入手します。

2. インストール

LibreOffice のインストールは LibreOffice_4.0.3_MacOS_x86-64.dmg ファイルをマウントし、その中の LibreOffice.app アイコンを Applications にドラッグするだけで完了します。

20140815_01

前のバージョンを削除していない場合は確認ダイアログが表示されます。
「置き換える」ボタンを選択すると、古いバージョンが最新バージョンで差し替えられます。

20140815_02

20140815_03

3. LibreOffice の起動

LibreOffice 4.0.3 以降はデベロッパ ID で署名済み (@see Gatekeeper) のため、Dock のアプリケーションから LibreOffice.app を選択するだけで起動可能です。

下記のような確認元未確認ダイアログが表示される場合は「LibreOffice 4.0 のインストール (Mac | OS X 10.8)」の「3. 開発元の確認」を参照してください。

 20140815_12

"LibreOffice.app"は、開発元が未確認のため開けません。
"セキュリティ"環境設定でインストールが許可されているのは、Mac App Store と確認済みの開発元からのアプリケーションのみです。

この時点では言語パックをあてていないため、英語表示で起動します。

20140815_04 20140815_05

4. 言語パックのインストール

LibreOffice_4.3.0_MacOS_x86_langpack_ja.dmg ファイルをマウントし、LibreOffice Language Pack.app アイコンを実行するとインストーラが起動します。

20140815_06

確認ダイアログで「インストール」ボタンを選択すると、言語パックのインストールは完了します。

20140815_07

20140815_08

5. 動作確認

あらためて Dock のアプリケーションから LibreOffice.app を選択し、LibreOffice が日本語で起動すればインストールは成功しています。

20140815_09 20140815_10

もしも英語表示のままの場合、メニューの「LibreOffice」-「Preferences (設定)」-「Language Settings (言語設定)」-「Languages (言語)」を確認してください。

20140815_11

Libre Office が起動した状態で言語パックをインストールした場合、「Language Settings (言語設定)」から「Japanese (日本語)」を選択できません。
その場合、1度 Libre Office を終了してから起動すると選択可能となります。

[ END ]

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>